0からはじめる経理・税務・会計  そして、確定申告 ときどきアクアリウム

確定申告を自分でしたい人に向けて、税務・会計・経理について書きます。ときどきアクアリウムについても書きます。

目次

  1. はじめる前に
  2. それでは、さっそくいってみましょう
  3. 儲けとは?
  4. 所得には税金がかかるwith昔話
  5. 税金の二大原則
  6. 税金の種類
  7. 第一回 確認テスト
  8. 税金の使い道
  9. 税金と政治
  10. 納税について 〜納付方法・納付先の分類〜
  11. 直接税と間接税
  12. どうしてこんなに種類があるの?
  13. 税金の役割1
  14. 税金の役割2
  15. 第2回 確認テスト
  16. この章の終わりに
  17. 会計の基礎知識①
  18. 会計の基礎知識②
  19. 会計公準
  20. 簿記と会計学
  21. 簿記のはじまりwith昔話①
  22.  簿記の始まりwith昔話②
  23.  現金主義と発生主義
  24. ふるさと納税をしてみた!
  25. 簿記の始まり③ 
  26. 簿記の始まり④
  27. ふるさと納税、特産品が届きました!
  28.  簿記の始まり⑤〜ルカは損益計算書を作ってみた 
  29.  企業会計原則①
  30.  真実性の原則

修了考査、受けてきました!

今しがた、修了考査が終わりました。

いま、開放感に酔いしれてます。

 

手応えとしては、解答欄全部埋める事が出来たので、最低限、戦えたかなという感じです。

 

結果は来年にならないと分かりませんが、とにかく頑張った。

 

試験までは、苦しくて長く感じたけど、試験時間12時間はあっという間だった。

修了考査を受験した皆様、ほんとにお疲れ様でした!

 

 

 

受かってるといいなぁ

ランプアイ稚魚&ミナミヌマエビ抱卵経過

 アフリカンランプアイの稚魚ですが、どんどん増えて、多分30匹以上います。

 f:id:harunotakenoko:20171128120012j:image

 

ミナミヌマエビもどんどん抱卵してて、今4〜6匹くらい抱卵してます。

f:id:harunotakenoko:20171128120017j:image

稚エビも生まれて、写真を撮ろうとしたんですが、透明で小さすぎるので撮影出来ませんでした。 

 

ほんとに、このままだと水槽を増やさないといけなさそうなので、ネット通販のアクアリウム大手、チャームの年末セールで水槽を買おうと企んでいます。

受験票、届く

受験票が届きました。

 f:id:harunotakenoko:20171128114926j:image

 

修了考査まで、残り1ヶ月を切りました。

 

勉強の方は、インプットは終わって、アウトプットの練習をしています。

実際の考査時間をタイマーにセットして、ひたすら解く&見直しを繰り返しています。

 

今月は、私用が多く、それの片付けをしていましたが、やっと終わったので、残り考査まで、勉強に集中していこうと思います。

 

ではでは

ミナミヌマエビの抱卵

私の水槽には、アフリカン・ランプアイ以外にも、ミナミヌマエビというのが6匹います。アフリカン・ランプアイと同時にうちに来た、↓こんなエビなんですが、

 

いつもの様に水槽を見てみると、「あれ、卵持ってる?」

f:id:harunotakenoko:20171012211023j:image

f:id:harunotakenoko:20171012211031j:image 

確かに、黄色の卵をお腹に抱えてます。たぶん20個くらい。 

2〜4週間で孵化するみたいです。

また、楽しみが増えました。

 

ちなみに、アフリカン・ランプアイの稚魚も元気です。

一丁前に目が青く光るようになりました。

f:id:harunotakenoko:20171012225632j:plain

カテゴリ分け・修了考査の勉強について

最近、アクアリウムの記事をいくつか書いているので、カテゴリ分けをしました。

とりあえず、今のカテゴリは

・会計、税務

アクアリウム

・雑記

にしています。

 

アクアリウムの記事ばっかりなので、ちょっと今の修了考査の勉強について書きたいと思います。

今は、TACの答練問題をといてるのですが、学生の時は、とにかく、「こういう理屈で計算する」っていうのを理解したり、暗記して解いていましたが、実際に会計・税務の仕事を経験した今は、全然違う解き方をしてます。

「あぁ、こういう問題は仕事でこういうことがあるからそれを想定してできてるんだろうな」とか、「あぁ、これ仕事で出てきたな」とか。

会計学なんかは、学問として体系的にできたんじゃなくて、実務からできた学問なので、やっぱり仕事をして、実務を経験してから、勉強した方が絶対、理解が深まるし、効率的だなぁと思います。

ただ、やっぱり会計士試験からのブランクが長いので、忘れてたりとか、会計基準の改正とか、新しい分野とかに戸惑ったりします。問題文の用語自体が分からなかったりするwww

でも、仕事を経験してるからか、インターネットで用語の定義を調べて、監査法人が出している会計基準改正の解説とかを読めば、だいたい理解できる。

ゆっくりだけど、ちょっとづつ進んでいる状態です。 

 

あと、税務の問題で、久しぶりに法定実効税率の公式を書かされて、(受験時代はまだ復興税率なんてなかったなぁ)「法定実効税率の分母って、数列の極限みたい」と思いました。(しかも、振動しながら収束する。数学上では、発散は分類するけど、収束は分類しないみたい。なんでだろう)

昔は暗記で対応してたけど、今は法人税の申告書の仕組みが分かってるから、実効税率の公式の意味も分かる。こういうことを考えるようになったのも仕事の経験の賜物だな。(こんなことばっかり考えてたら、勉強が進まないので、思考を断ち切るんだけど)

あと、会計の勉強で、数学の分野に思い至るのは、高校生の時の国語と数学の先生がすごくいい先生だったからだなぁと思います。

国語の先生は、テストにかならず面白い論文問題を出してくれてて、難しかったけど、その問題を考えるのがすごく好きでした。この経験があったから論述問題、解けるんじゃないかなと思う。

数学の先生は、ほんとに数学が好きな先生で、説明はわかりにくかったけど、数学が好きだってことがすごく伝わる授業をしてくれてました。

学校の勉強って、役に立つのかって思うかもしれないけど、ちゃんと役に立ってるなって思います。ただ、役に立てられるかは、個人の問題でもあると思いますが。

社会保障や税金・会計を、数学や国語とセットで教えれば、「なんの役に立つの?」っていう学生も減るんじゃないかなぁ?と思います。

増える稚魚

アフリカンランプアイの稚魚の経過報告です。f:id:harunotakenoko:20171010071637j:image

前回の報告から、さらに4匹稚魚が生まれました。合計6匹です。

写真に写ってるのは、3匹ですが、この隔離ケースもう1匹、隔離ケースに分けていない稚魚が2匹にいます。

ネットで調べると、「稚魚が親魚に食べられたりするので、確実に育てたいなら隔離」とか書いてあるんですが、全くそんな感じはないので、卵を見つけても隔離しないことにしました。

むしろ、この調子で増え続けば、水槽増やさないとダメかも。今から準備しとかないとダメかなぁ〜と考えてます。

まぁ、とにかく今は元気に育ってくれればいい。