0からはじめる経理・税務・会計  そして、確定申告

確定申告を自分でしたい人に向けて、税務・会計・経理について書きます。

それでは、さっそくいってみましょう

それでは、さっそくいってみましょう。

 

まず最初は、商売・仕事とはなにか?ということから考えてみましょう。

 

会社に勤めている人は、基本的に確定申告する必要はありませんよね(した方がいい場合や、する必要のある場合もありますが)。

 

3月15日に確定申告をする大抵の人は、フリーランスで働いていたり、自分でお店を開いている人です。

このブログの対象もフリーランスで働いていたり、自分でお店を開いている人です。

 

1分でいいです。さぁ、自分で考えてみましょう。

「商売・仕事とはなんだろう?」

「自分の商売・仕事ってなんだろう?」

「その商売・仕事は、なんのためにしてるんだろう?」

 

 

どうでしたか?

 

もちろん、答えは人によって違いますよね。

お金のために働く人もいれば、仕事が生きがいになっている人もいれば、

デザイナーもいれば、歯医者さんもいれば、大工さんもいますよね。

 

どんな答えであれ、この問いに対する答えは、あなたにとってとても重要なものになるはずです。

必ず、記録しておくか、暗記しておきましょう。

 

さて、一般的な人が、確定申告をすることを前提に上の問いを考えると、

「商売・仕事とはなんだろう?」→「物やサービスを他人に売って、儲けを得ること」

「自分の商売・仕事ってなんだろう?」→「自分の能力でできる、物やサービスを他人に売って、儲けを得ること」

「その商売・仕事は、なんのためにしてるんだろう?」→「儲けを得て、生活するため」

となります。

 

ここでの、ポイントは「儲け」です。

なぜなら、「儲け」に対して、税金がかかるからです。

 

今日はここまで。