読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  0からはじめる経理・税務・会計  そして、確定申告

確定申告を自分でしたい人に向けて、税務・会計・経理について書きます。

簿記のはじまりwith昔話①

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかし、むかしのお話です。

 

だいたい今から500年くらい前の、多分イタリアでのお話。

 

そのころのイタリアはとても、商売が盛んで、ルカ・パチョーリというとても賢い商人がいた。

 

ルカは果物やなんかを売っていた。

 

最初はなにも記録していなかったが、それでは今いくらもっているかはわかるが、今日いくら儲かったのかはわからない。

 

そこでルカは、1月1日から毎日、仕事が終わった後、お金を数えて記録を始めることにした。

 

1月1日の夜

お金が100リラある。

 

1月2日の夜

お金が101リラある。

 

1月3日の夜

お金が103リラある。

 

3日目になると、ルカは毎日「お金が残っている数(=現金残高)を書くだけなんだから、数だけ書けばいいように表を作ろう」と思い、下の表を作りました。

 

1月の現金残高(お金が残っている数)ー表①

日付残高
 1日   100
 2日   101
 3日   103

 

この表を見て、賢いルカは「増えた分が、売上だから、2日の売上は1リラで3日の売上は2リラだな。そうだ、売上もこの表に乗せれば、すぐに売上がわかるぞ」と思い表を作り直しました。

 

1月の現金残高(お金が残っている数)ー表②

日付売上残高
 1日   100
 2日   101
 3日   103

 

これで毎日の売上と現金の残高がわかるようになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

②に続きます。